不動産売却で販売図面が大切な理由|横浜不動産売却相談センター

query_builder 2021/08/27
コラム
不動産売却で販売図面が大切な理由

販売図面といえば、街の不動産会社に貼られているのを見たことがある方も多いと思います。

販売図面が不動産を売るためになぜ大切な資料なのか、その理由を確認していきましょう。




販売図面が大切な理由


販売図面とは

販売図面は仲介会社へ購入の相談をしている顧客へアプローチする媒体です。

販売図面には物件の写真や間取り図、調査内容・物件の特徴などの売却情報を分かりやすくまとめて、買主へ”今、購入できる売却情報”として紹介されます。仲介会社へ購入物件を探す依頼をしている買主も一定数いるため、仲介会社経由で売却情報を入手される買主の目に最初に触れる販売図面は不動産の売却で必要不可欠なツールなのです。



販売図面の利用方法

販売図面は売却不動産の特徴と魅力を購入検討者に伝えるために、実際にどのような場面で利用されるのかご紹介します。


販売図面はアナログ比較がしやすい

販売図面はインターネットとは違い、一枚の紙に集約された売却情報を印刷して手元に並べられるので比較が簡単です。

不動産会社の担当者に購入の相談をした際に手渡される資料が販売図面です。


販売図面は内覧の絞り込みに利用される

購入希望者は複数の不動産を内覧するため、販売図面を基に不動産がもつ特徴や魅力を比較検討し絞り込みます。

よく見えない写真や情報の抜けで検討から外れてしまったり、よく物件を知らない人の内覧で時間を無駄にしてしまう可能性があるため販売図面の情報は充実させることが大切です。




販売図面のデザイン

販売図面は購入希望者にどのような物件か伝える大切な資料です。正確な情報はもちろんのこと、購入希望者の第一印象に関わるためデザイン性も必要ですが、販売図面のデザインは不動産会社によって違います。

販売図面から古い印象を受けたり、物件の特徴の抜け、間取り図の間違いなどがあった場合には、不動産の調査や査定にも不安が残るため、売却を依頼する不動産会社の見直しを検討してもいいでしょう。



そもそも販売図面を作成しない不動産会社もありますが、それでは売却不動産がどのような物件か誰にも伝わらず、いつまでも売れず売却価格が下がる可能性もあります。

不動産の売却を真剣に考えるなら、販売図面の作成など当たり前のことはやってくれる不動産会社へ依頼するのが無難です。





ここまで不動産売却で販売図面が大切な理由をご覧いただき誠にありがとうございました。販売図面は不動産を売却するときに、買主の検討材料としてもらう大切な資料です。横浜不動産売却相談センターでは詳細な販売図面を作成し売却をサポートいたします。

横浜の不動産売却をお考えでしたら横浜不動産売却相談センターへご相談ください。

NEW

  • 空き家・相続不動産の売却|相続土地国庫帰属法とは|横浜不動産売却相談センター

    query_builder 2022/03/03
  • 相続した空き家の相続登記が義務化_民法改正|横浜不動産売却相談センター

    query_builder 2022/02/24
  • 民法改正_契約不適合責任が不動産売却に影響|横浜不動産売却相談センター

    query_builder 2022/02/17
  • リフォームすると家は高く売れる?リフォームの注意点

    query_builder 2022/02/10
  • 仲介で不動産を売却する特徴×メリット・デメリット|横浜不動産売却相談センター

    query_builder 2022/02/03

CATEGORY

ARCHIVE