不動産を査定するときの注意点|横浜不動産売却相談センター

query_builder 2021/08/13
コラム
不動産を査定るするときの注意点

不動産査定をするときの注意点を確認して売却を成功させましょう。




不動産査定の注意点

不動産売却をするときには、いくつかの不動産会社に査定を依頼し、査定価格を見比べることになりますが、提示された査定価格が高いからという理由だけで不動産会社へ売却を依頼するのは得策ではありません。



査定価格と売却価格は違います!

不動産の査定とは、現在の不動産価格を算出することです。 不動産の査定価格は現地調査や法的調査にくわえて、市場の取引相場を参考に、マンションであればマンション、戸建であれば戸建と土地や建物など不動産の特性を評価し算出します。

不動産査定をした不動産会社が直接お客様から買い取る場合をのぞいて、仲介会社の査定価格は「この価格で売れるだろう」と予想する査定価格であり、実際の売却価格を保証するものではないのは注意点です。

※不動産を売却する方法には「買取」と「仲介」があります。  




高価査定の注意点

査定の結果、ご所有の不動産が高い金額で売れると言われれば悪い気はしないでしょう。しかし実際には相場より高い査定価格で売却活動をはじめ、期間の経過とともに価格を下げていき、結局は相場近辺の価格で売却し、時間をムダにしたという売主様も多いようです。

さらには「売れないには何か理由があるはずだ」、「もう少し待てばさらに安くなるかも知れない」など売れ残っている不動産としてイメージ低下を招き、売却できたであろう価格を下回る事態にもなりかねないのは注意点です。



高価査定の狙いは媒介契約!

もちろん、仲介会社は売却の依頼を受けたら少しでも高く売りたいと考えます。しかし一部の仲介会社では売却の依頼(媒介契約)を受けようと固執するあまり、市場の相場とかけ離れた非常に高い査定価格『高価査定』を提示することがあります。



不動産査定の根拠

仲介会社へ売却を依頼する媒介契約にも「価格の根拠」について説明義務が付されています。価格の根拠、つまり不動産の調査に基づく査定価格には根拠が必要なのです。




不動産査定の誤解に注意

不動産査定では仲介会社の査定価格を上げようと必死な売主様も見かけます。しかし、査定価格は売却価格とは違うため無理に高価査定をしても売却価格に良い影響はありません。一方で、仲介会社は査定価格を高価査定にすれば印象が良くなるため喜んで売却できる可能性がない高価査定を提示します。

売主の誤解と仲介会社の思惑が偶然にも一致し「高価査定を鵜呑みにして売却を依頼して失敗した」という相談は多く寄せられるのは残念なことです。



一括査定サイトの広告

不動産査定を複数の仲介会社へ依頼できる一括査定サイトの「○○○万円高く売れた!」といった広告。本来、不動産の査定価格はどこの仲介会社も大きく変わらないはずですが、横浜や東京では不動産の売却は高額になるため、エリアに詳しくない新人や担当者の査定では見落としなどで数百万円の誤差がでることもあります。

不動産の売却は売れる可能性がある価格帯で高く売ることを目指しましょう。



不動産査定の責任

あくまで不動産の売却を依頼する仲介会社を決めるのは売主様です。仲介会社の不動産査定は売却するためのアドバイスだということに注意しましょう。

不動産査定は、不動産会社が直接お客様から買い取る場合をのぞいて、仲介会社が「売れるだろう」と予測する価格であり、査定価格で売却を約束するものではありません。また査定価格で売れないからといって責任をとってもらえるものではありません。




不動産査定には多くの情報が含まれており、特に「査定能力・売却戦略」の2点に仲介会社の方針や担当者の経験値の違いが顕著にあらわれます。

不動産査定では価格が高いか安いかだけではなく「なぜその査定価格となったのか」、「市場の相場はどうか」、「不動産を評価している部分」など、査定価格の根拠を詳しく訊いてみるようにしましょう。また、「どのような売却戦略で、どの程度の期間で、想定している売却価格」など売却の計画についても合わせて訊いてみると良いでしょう。

不動産の売却では、根拠に基づいた不動産査定が基本なのです。




ここまで「不動産を査定するときの注意点」についてご紹介いたしました。 横浜の不動産査定でお困りでしたら、まずは不動産の売却に詳しい専門家へ相談しましょう。不動産の売却でご不安などがございましたら、横浜不動産売却相談センターまでお気軽にご相談ください。




NEW

  • 空き家・相続不動産の売却|相続土地国庫帰属法とは|横浜不動産売却相談センター

    query_builder 2022/03/03
  • 相続した空き家の相続登記が義務化_民法改正|横浜不動産売却相談センター

    query_builder 2022/02/24
  • 民法改正_契約不適合責任が不動産売却に影響|横浜不動産売却相談センター

    query_builder 2022/02/17
  • リフォームすると家は高く売れる?リフォームの注意点

    query_builder 2022/02/10
  • 仲介で不動産を売却する特徴×メリット・デメリット|横浜不動産売却相談センター

    query_builder 2022/02/03

CATEGORY

ARCHIVE