不動産を売却するオススメ方法|横浜不動産売却相談センター

query_builder 2021/07/21
コラム
不動産売却2つの方法 仲介 買取 横浜不動産売却相談センター

横浜で不動産売却のご相談で多いのが「不動産を売却したいけど、どうしたらいいか分からない」といったご相談です。
家・不動産を売却するほぼ全てのお客様が初めてです。横浜不動産売却相談センターでは不動産会社へ相談する前に、「不動産を売る方法」や「売却方法の選択肢」を確認することをオススメしています。不動産を売却するオススメ方法を解説します。




横浜の不動産を売却するオススメ方法

横浜の不動産を売却するとき、買取と仲介という2つオススメの売却方法があります。

安心して不動産を売却するためには、オーナーご自身の状況とご所有の不動産の状態にあわせた売却方法を選ぶことが大切です。

買取と仲介、それぞれの特徴を確認しましょう。



不動産の売却方法① 仲介


オーナーが不動産売却を依頼した仲介会社が見つけた購入希望者へ売却する方法です。

不動産を仲介で売却する場合、現在の相場でより高い価格で売却する可能性を追求できるメリットがあります。

一方で、仲介会社が信頼できるか見極める必要がある広告等で売却情報が世間に認知される内覧などの対応に手間がかかる条件が合うまで長期間かかる可能性売却できるまでランニングコストがかかる売却後にトラブルが起こり追加の費用負担が発生するリスクなどのデメリットがあります。

仲介は、準備や期間に余裕を持って売却活動できるオーナーにオススメの売却方法です。


※買取より高い価格で売れることを保証するものではありません。



不動産の売却方法② 買取


買取をおこなっている不動産会社へ、オーナーから“直接”不動産を売却する方法です。

不動産を買取で売却する場合、早く・確実に・知られずに・手間なく売却できる仲介手数料が不要なので費用負担を軽くできるなどのメリットがあります。

一方で買取には仲介で不動産を売却する場合に比べて、価格が80〜60%ほど安くなるデメリットがあります。

買取は、不動産の状態に不安があるケースや、オーナーが事情を抱えているケースでオススメの売却方法です。


※仲介を依頼した不動産会社から紹介された買取会社へ売却する場合には仲介手数料がかかります。



不動産を売る2つの売却方法、買取と仲介にはそれぞれ特徴があります。
不動産の売却は、マンション・戸建・土地など不動産の状態、不動産を所有されているお客様のご事情によって、買取と仲介から最適な売却方法を選ぶのがオススメです。

買取と仲介のどっちが不動産の状態やご自身の状況に適しているか分からない場合には、買取と仲介を事業とする不動産会社に査定を依頼し、どっちの売却方法が向いているか相談するのがオススメです。





ここまで「不動産を売却するオススメ方法」を解説しました。

横浜不動産売却相談センターでは買取・仲介どちらの売却方法も対応しています。売却保証サービスのご提案も可能です。

横浜の不動産売却でお悩みや解決したい問題がございましたら、横浜不動産売却相談センターまでお気軽にご相談ください。

NEW

  • 空き家・相続不動産の売却|相続土地国庫帰属法とは|横浜不動産売却相談センター

    query_builder 2022/03/03
  • 相続した空き家の相続登記が義務化_民法改正|横浜不動産売却相談センター

    query_builder 2022/02/24
  • 民法改正_契約不適合責任が不動産売却に影響|横浜不動産売却相談センター

    query_builder 2022/02/17
  • リフォームすると家は高く売れる?リフォームの注意点

    query_builder 2022/02/10
  • 仲介で不動産を売却する特徴×メリット・デメリット|横浜不動産売却相談センター

    query_builder 2022/02/03

CATEGORY

ARCHIVE